• Gary O. Haase

日本での法律相談



法的な問題について聞きたいことがありますか。

「法律の専門家に相談することで何か得られるものがあるかもしれない」とお考えですか。「どうやって法的支援を受けられるか分からない」とお悩みですか。「だれを信じていいのだろう?」と不安に思われていますか。「法的サービスに支払う報酬はいくらになるのだろう?」と心配されていますか。


2年ほど前、ジャパンタイムズ(the Japan Times)に“A cut-out-and-keep guide to getting legal advice in Japan”(日本で法律相談をする際の手引き:切り抜き保管用)という記事が掲載されました。この記事には、日本で法的支援を受けたい人のための9つのオプションについて書かれています。この記事で紹介されている「日本司法支援センター:法テラス」(the Japan Legal Support Center)のような組織の他にも、以下のような支援機関があります。関西圏にお住いの方は相談されてもよいかもしれません。 *大阪国際交流センター大阪府国際交流財団京都市国際交流協会神戸国際コミュニティセンター


法制度によって、問題や争いを解決できる場合があります。また、時機を逃さず迅速に行動することによって、あなたの案件を有利に進められたり、または、解決策のオプションを増やせるかもしれません。30分の法律相談によって、自分の不安や疑問が解決され、正しい方向に導いてくれることもあります。


 

ゲーリー・ハーズは、米国移民法を専門とする弁護士で、カリフォルニア州弁護士会と日本弁護士連合会(外国法事務弁護士)に登録しています。この記事は情報提供のみを目的としており、法的アドバイスを提供するものではありません。特定の問題については、資格を有する法律の専門家に相談してください。ここに書かれた意見は筆者個人のものであり、いかなる非営利団体または政府機関の見解や意見を反映するものではありません。


0件のコメント

最新記事

すべて表示